まったくの0から小金持ちを目指す

お金

働きたくないでござる。

 

スポンサーリンク

小金持ちとは

今日は、小金持ちを目指そうと思った話をしたいと思います。

小金持ちとは、資産5000万円ほどの人のこと。

億単位の大金持ちは無理かもしれないけど、それくらいの小金持ちなら努力次第で達成できるよというお話です。

たびたびこのブログでも参照させていただいている動画シリーズです。

お金の真面目な話はもちろん、随所から人の良さや健やかさが溢れていて動画を見ていて気持ちいいです。こういう人に私もなりたい。

 

この動画では、

1.平均よりちょっと上の収入を得て
2.平均よりちょっと下の支出にして
3.投資利回りもプラスして

時間をかけて確実に小金持ちになろうと説かれています。

 

 

動画を見て、「あれっ私って結構いいとこいってるんじゃ?」と思ったので、自分のために整理していきたいと思います。

ライフスタイル分析

収入

動画によると、30歳の平均収入って以下の通りらしいです。

年収400万(手取り320万)
⇒手取り22万×12+ボーナス30万×2

 

かくして、私は以下の通り

年収370万(手取り?万)
⇒手取り20万~24万+ボーナス25万~30万×2

社員300人程度のIT会社で正社員として働いていました。

30代女性。総合職でしたが昇給などはしておらず、平社員のまま。

残業がない時、ある時、あったけど上司からプレッシャーかけられてなかったことになった時など、色々あって月20万いかなかったり23万いったりあたり。

 

同業他社と比べて平均より給与体系がだいぶ低めの会社だったんですよね。

グループ会社で共同でプロジェクトを進めることもあって、その時に周りの話を聞いていると

「うそっ…うちの年収、低すぎ…?」

なんてひしひし感じていました。

 

 

なので働いている時は、正直「お給料ひくいなー」と思っていました。

そんなわけで隣の芝生ばかり見ていたんですが、全体で見渡せばまぁまぁだったんですね。

 

支出

貯金大好き。

よく、知人から「どうしてお金そんなに貯まってるの?!」ってびっくりされます。

あ~いいよねIT企業に勤めてるから~と勝手に納得されていましたが、

先述の通り毎月の手取りは20万ちょっと。

特別多いわけではなかったとので、思うに絞るところは絞る生活をしていたからだと思います。

 

まぁ実家っていう最強の手札があったからではありますが。

気を付けていた面としては、

  • 先取貯蓄
  • お弁当・マイボトル持参
  • コンビニ利用しない
  • 格安SIM使う
  • あまり美容面にお金かけない(化粧が下手で早々に諦めたという話でもある)
  • 基本、ものは壊れるまで使う・持つ(10年選手のガラケーを社会人になっても使ってました)
  • 欲しいかどうかでなくて必要かどうかをめっちゃ吟味してから買う

あたりでしょうか。

 

基本、守銭奴。

周りを見ていると、

毎日スタバのコーヒー飲んでたり

新しい機種が出るたびにスマホを買い替えたり

そっちの方がよっぽどお金あるなーと思って眺めていました。

 

まぁお金の使い方は人それぞれ。

そんなわけで、なんやかんや月5万円は貯められる生活をしていました。

 

いずれにしろ、「平均よりちょっと下の支出」を自然にできていたというわけですね。

投資

これも、やろうやろうとずっと思っていて手をつけておりませんでした。

 

先日ようやく楽天証券で口座開設済み。

ようやく資産運用開始! 楽天証券開いてみた
最初の興味は中学生の頃 きっかけは忘れましたが、なんだか株を持っていると良さげという認識がありました。 親に「株やってみたい」と言ったら「何言ってんの」と流された記憶があります。 お金の教育って大事なのにね……。 ...

これからちょくちょく勉強して進めていこうと思います。

 

  • ふるさと納税
  • つみたてNISA
  • iDeco

も始めていきたいなー。

 

働くってなんだろう 小金持ちになるために

私はなんのために働くのか。

ピュアだったあの頃は、世の中のためになることを! と思って生きていました。

あるいは、就活本を読みまくって、カッコいい志望動機を述べるためになんとかして良さげな思想を持とうと思っていたのかもしれません。

 

それが、社会人になって、世の中の常識に振り回されたり壁にぶち当たったりしてあっという間に夢は挫折。

今は、立ち止まる時かななんて思ってちょっとのんびり生きています。

 

 

色々綺麗ごとを今まで口にしてきましたが、結局、自分はあくせく働きたくないのかな、なんて思いました。

いや、誰だってそうだよって話かとは思うんですが、今までの自分は、自分がそう思うことすら許していなかったのかな、と。

何か崇高なる目標や意識を持って生きていかなきゃいけない、みたいにね。

 

そんなわけで、一度シンプルな欲望に素直に従ってみようと思ったのです。

願いは口に出す。それが冒頭の一文です。

 

 

タイトルに偽りあり 全然0じゃない

0って書いたのは今無職だからです。

稼ぎ力0。

実家に変わらず居候したまま、細かな出費は貯金を崩して生活しています。

だから、「0から小金持ち目指すぜ!」という意味で書きましたが、本当は全然0じゃない。

 

だって、まず読み書きができる。

雨風凌げる家がある。(しかも家賃タダ)

パソコンを持っていてインターネットに繋げることができる。

 

今の時代、それだけでいくらでもお金を稼げる要素はあります。

 

読み書きや、安全に住むことができる家や、パソコンなんていう高価なものや。

それすらも一生手に入れることができない人達は世界にはいっぱいいる。

 

これまた綺麗ごと言っているかもしれませんが、日本に産まれただけでイージーモードっていやホントそうだよなぁと思うわけです。

(インフラはイージーモードなのに、人々の思想が勝手にハードにしているのはあるけど)

 

そんな中、平均よりちょっと稼いで平均よりちょっと支出を下げて投資するなんて、なんら難しいことなんてない。

 

そう心に留めて、慎ましく生きていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました