億万長者になるため7つの法則チェックリストやってみた

雑記

自分にはいくつあてはまるかなーっていうメモ書き。

なんかこういうチェックリストみたいなのってついやってしまいますよね。

【再現性アリ】億万長者になるための7つの法則【お金の勉強 初級編】:(アニメ動画)第74回

億万長者になるため7つの法則

①「彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する」
②「彼らは、資産形成のために、時間、エネルギー、お金を効率よく配分している」
③「彼らは、お金の心配をしないですむことのほうが世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える」
④「彼らは、社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない」
⑤「彼らの子供たちは、経済的に自立している」
⑥「彼らは、ビジネス・チャンスをつかむのが上手だ」
⑦「彼らは、ぴったりの職業を選んでいる」

 

はい、見事に一個もあてはまっていない!

スポンサーリンク

彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する

「資産とは、収入と支出の”差”から生まれる」

資産=収入ー支出

っていう大原則。

 

低い支出で生活しているけれど、”はるかに”ではない。

なぜなら収入も低いから!

月100万稼いで月15万で暮らすとかしてみたい。

彼らは、資産形成のために、時間、エネルギー、お金を効率よく配分している

んん~! できていない気がする。

例えば資産形成のこと考えてみたり簿記の勉強してみたりとかはしているけれど、「効率よく配分」できているかどうかはわからない。

投資のことや勉強以前に、もっと優先すべきことがあるのではないの?

ざわっ。

 

あと、よくメンタル落ち込んでしまうので、

それで時間とエネルギーよく取られちゃってますよね。

もう、もんもんと昔のことに囚われたり将来のことに不安になったり

無駄な時間以外の何物でもないと思っているのに(特に過去のこと)、どうしようもなくひっかかっちゃう。

どうにかしたい!

 

動画内でおススメされている内容

  1. マネーフォワードで家計管理を自動化
  2. 投資方針・計画を早めに固めて長期の目線で淡々とやる
  3. ひたすら”稼ぐ力”を高めるためにリソースを割く

1→まぁまぁできてる

2→計画立てようにも入金できるだけのお金がない

3→ざわっ ざわざわっ

 

胸騒ぎの原因はここ。

会社員で登りつめて稼ぐということから逃げ出してしまった自分にとって、

この”稼ぐ”という部分が自分の欠点のように突き刺さる。

動画では「個人で稼ぐ」ということも推奨されているけど、

まだ個人で営業かけて仕事とってということが正直恐くてできない。

まずここを一歩乗り越えないとな~だよな~。

 

ちなみにブログで稼ぐこともおススメされていますが、本ブログは好き勝手書くために持っていて稼ぐことはメインとしておりません。

月100円でも入ったらありがたや状態です。

彼らは、お金の心配をしないですむことのほうが世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える

だめだー。まだまだ気にしている世間体。

高級車とかブランド品とかはいらない! そんな見栄の世間体は皆無。

逆。いっぱしに生きていないという引け目を感じる世間体。

「周りからどう見られたって別にいい」っていう気概がない!

 

正社員を辞めて、無職期間を経て今は非正規雇用。

プレッシャーの少ない仕事になって、「これくらいの仕事感、生活感もいいかも」と思っていても、周りから「そんなんで今後どうするの?」って言われるとすぐ揺らぐ。

「正社員の仕事をやりきった!」という思いなんてなく、どちらかというと「逃げた」っていう感じだから、それも負い目に感じていて誰かから非難されるんじゃないかと怯えている。(誰からだろ)

 

無職期間も、自分の人生の計画とか貯金がなくなったとかっていう理由よりかも

「無職でいる自分」が辛くて、人にも会えなくて、若干慌てて就職活動やっちゃったもんあー。

 

 

「自分らしく自由な人生を送ること」。

 

意識高くないゆるい生活が、自分らしいかもって思いつつ

どこかで「やっぱりそんなんじゃ駄目だ!」って思いが湧いてくるのは

まだまだ世間体を気にしているのか。それとも秘めた熱い思いがあるのか。

 

彼らは、社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない

実家暮らしなので受けています!

彼らの子供たちは、経済的に自立している

子供いない。

彼らは、ビジネス・チャンスをつかむのが上手だ

げっそり。

気づいた頃には「いい大学に行っていい会社に勤めろ」と言われて育ってきた人間としては、やっぱりなかなか自分でビジネスやろう! みたいな気概は持ててないですよね。

流行とかにも興味がなく超疎いんで、色々なモノから置き去りにされて生きている。

こんな人間がビジネスなんて到底できない気がする。

 

って思うけれど、

「商売のセンスは商売をやらないと育たない」なんですよね。

やっぱり、やってみるしかないんですよね。

彼らは、ぴったりの職業を選んでいる

毎日が本当に苦しくてしょうがなかった前職。

それと比べて今の仕事は、苦しくない。

安心してのんびり働くことができるんだっていうことが奇跡のよう。

 

けれど、大好き! やってて楽しい! 天職! ってほどではない。

いわゆる単純労働仕事だし、スキルも積みあがっていかないから機械やAIにいつとって変わられるかっていう状態でもある。

 

動画の中で問いかけられていた質問、

  • あなたはビジネス・チャンスを掴むのが上手ですか?
  • ビジネス・チャンスを掴んだことがありますか?
  • ビジネス・チャンスを掴むための努力をしていますか?
  • あなたは自分にぴったりの職業についていますか?
  • 自分にぴったりの職業を探す努力をしていますか?

No! No! No! No! No!

って感じ。

けど、3番目と5番目の「努力をする」っていくことだけは今からでも出来ることなので、頑張っていかなな~と。

お金よりも何よりも欲しいと思ったもの

「自分は自分の持っている能力で生きていく事ができる」

「どんな状況でも稼いでいける」

っていう自信。これなんだよな~と。

 

周りからどう思われようと、自分でいいと思った生き方をする強い自分が欲しい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました