法人化のお得さをひとつずつ知る

第80回 【合法】家賃は自分で払うな!家賃負担を30%カットする最強の方法【稼ぐ 実践編】

こちらの動画を見て思ったことなどをメモ。

 

スポンサーリンク

経費で落とすっていうやつ

よく、飲み食いした場で「経費で落とすから~」って社長さんがやっているシーンをドラマなんかで見たりしますよね。

あれは、

経費で落とす=タダになる

ってわけじゃなくて

経費で落とす=接待交際費という費用になる=売上からその分がひかれて、結果かかる税金が安くなる

というお話。

 

それが家賃でもできるんだ! って話。

税は必ずひかれるものだと思っていたサラリーマン思考の私

私は家は賃貸派。

確かに、ずっと変わらずそこにあり続けてくれる実家って助かりますよ。

心の安心的にも、手続き的にも。

 

けれど、自分の生活スタイルを見た時に、今後の人生ずっと同じ会社に勤めるとは絶対思えないし、元気だったらあちこち行ってみたい。

買った後に不備があったらどうしよう、ご近所さんと折り合いが悪かったら、設備が壊れたら自分でメンテしなきゃ……とか色々考えなきゃいけないことも考慮すると、

賃貸の方が身軽だなと。

 

ホントの本当に大金持ちになったら、どーんとした日本家屋を持ちたいです。

木材が綺麗でしっくり光ってて、縁側の緑が映えるような。

 

 

けれど、それまでは全然賃貸で!

その夢の日本家屋どーんをどこに持つのっていうのでも、自分がどこの街が居心地が良いかをあちこち行って周って知りたいってのもあります。

 

で、その賃貸で借りる家はずっといわゆる「手取りの3分の1!!」って思っていました。

それ以外に「法人に払わせる」なんて方法があるなんて思っていませんでした。

なんという完全なるサラリーマン脳。

簿記3級の知識が確かに生きている

動画を見ていて、ちょっと小難しい話が出てきます。

けれど、なんとなく理解できる! そしてこれは少し前の私なら全然ついていけなかった!

と思うのは、ここ最近簿記の勉強をしているから。

 

簿記のおかげで、

  • 利益は売上から費用を引かれたもの
  • どういったものが費用になるのか
  • 役員ってなんか特別

というのがわかってきたりします。

だから、この動画の話もふむふむと頭に入ってきやすい。

 

合同会社を設立したい

合同会社とは、設立費用のめちゃくちゃ安い株式会社だそうです。

  • 設立費用:6万円~
  • 設立にかかる時間:約2~3週間
  • 法人の維持コスト:年間約7万円(税金)

全然、作れるね!

あとは何でどうやって稼ぐかですね(笑)。

 

動画の中でも

  1. 会社員やりつつ、副業で稼ぐ
  2. 2~3年頑張って、ある程度稼げるようになったら法人設立
  3. 法人に家賃を払わせる

こんな流れを紹介しています。

 

  • 副業段階でも青色申告などで節税できるらしい。やり方は?
  • この、法人設立って会社員のままできるの? 会社員辞めなきゃなの?

など、まだわからないこともたくさん。

けど、面白そうなのでやってみたいな~。

最近勉強している簿記の知識を、実践の中で生かしてみたいという想いもあります。

確かに法人設立ってお得! でも何で稼ごう

動画の中で、「知識があると方向性が変わる」という言葉が出てきます。

なるほどな~。

確かに、少し前までは

法人設立=めっちゃ大変なこと。自分には縁がないこと

と思っていましたが、今では

やればできるかも! 楽しそう

なんて考えています。

 

そして、

家賃お得になるなら法人設立もありかな!

っていう考えも芽生え始めています。

 

 

この動画のシリーズでは稼ぐスキルを身に着けようということで、

Web制作、プログラミング、動画編集などを上げられています。

どれも楽しそうで興味あるけど、どれをやろう。

勉強したいことリスト』でも書きましたが、やりたいことが多すぎて!

 

今は簿記に集中しよう、と思っていますが、実際の稼ぐスキルはまだまだ0なのです……。

そして、マインドセット的に、正直まだまだ自分が「自分の力で稼ぐ」なんてことを全然思えていない。

そのあたりからかなー。

知らないと損をする

自分で払うな 法人に払わせろ。

動画内での言葉です。

なるほどな~。これがサラリーマンとお金持ちの考え方の違い。

そして、この法人に払わせる方法が制度としてきちんとある。

それを知ってるか知らないかで行動が変わる。お得に生きられるか変わる。

 

私は今日のこの動画を見て、ますます「法人作ってみたい……!」なんて思っちゃいました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました