貧乏性の私がバレットジャーナルに仕えそうなノートたちのページ単価をまとめてみた

去年からバレットジャーナルを始めた私です。

ノート1冊とペン1本でできるというお手軽なバレットジャーナル。

 

公式では、どんなノートでもOK! ということですが、

各々の好みやライフスタイルで最適なノートは変わってきますよね。

 

 

私の好みとライフスタイルでは

  • サイズ:B6 or A5
  • 中身:方眼 or ドット方眼 or 無地

あたりがよさそうです。

 

今使っているのが終わりかけてきたので、そろそろ次のノートを用意しよう~と思ったところで、ふと、

ノートってたくさん種類あるけど、どれが一番ページ単価安いのかな……。

と庶民的な考えが頭に浮かびました。

 

そこそこのお値段をかけてしっかり書くのもいいんですけど、

タスクやアイディアをバーッと躊躇なく書けるように、そこそこの安さは欲しい。

 

そうこうして値段とページ数を調べているうちに、ノートの綴じ方や厚み・重さなども気になりだし。

 

そんなわけで、バレットジャーナルに使えそうなノートについて色々とまとめてみました。

ノートたちのラインナップ基準は、

  • 定番商品で手に入りやすい
  • とのえ自身が気になっているノート

という独断基準です。

スポンサーリンク

ノート一覧

主に公式サイトで調べた値を記載していますが、間違っていたらごめんなさい

おのおののノートたちについて

Rollbahn(ロルバーン)

created by Rinker
DELFONICS(デルフォニックス)
¥780 (2024/05/30 04:38:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

使っていて感じる良いところ

最近、Rollbahnを始めて使ったのですが、

  • ほどよい薄さの方眼
  • クリーム色の紙
  • ゴムバンドがついている
  • 後ろに透明ポケットが5つついている

がとても気に入りました。

ノーブルノート

 

通称「LIFEノート」。表紙の見た目がカッコいいなーと思います。

でもこれパタンと180度開かないんですよね。

B6サイズだと手で押さえる面積も少ないから書きにくいむむむ。

 

Premium C.D. NOTEBOOK

created by Rinker
アピカ
¥893 (2024/05/30 20:26:02時点 Amazon調べ-詳細)

通称「紳士なノート」。ずっと気になっているノートです。

青の表紙がすっごくカッコいいなーと思うのですが、方眼は赤の表紙なんですよね。

A.Silky 865 Premiumという白いつるつるした用紙が特徴。

クリーム上質紙というクリーム色のバージョンもあり、枚数・値段とも一緒。

 

無印良品

無印良品はたくさん種類があっていいのですが、廃盤になる頻度も多い気がする……。

ポリプロピレンカバーダブルリングノート・ドット方眼を使ったことがありますが、ドット方眼が濃いめで私は邪魔だった……。レビューには薄くて良いとあるんですけどね。

 

Campusノート

みなさんお馴染みのCampusノート。

バレットジャーナルに使えそうな5mm方眼・無地がそろっているのは大人Campusシリーズですね。

綴じノートの方は単価約2円と安い!

普通のノートの80枚が手に取った時にしっくりきたので、アイディアノートとして使ってもいいなーなんて思います。

でも表紙が黒しかないんですよね。もっと可愛いの作ってくださいな。

 

SYSTEMIC[システミック]|商品情報|コクヨ ステーショナリー
コクヨ SYSTEMIC[システミック]これ1つでデキる記録管理!自分にあったノート術が可能!「ノート+スケジュール帳」など、仕事の記録を一括管理できる。2冊収容タイプのカバーノート。セミB5、A5、A6サイズの品揃え。

カバーをつければ、ちょっとおしゃれかも。

Edit

昔、手帳でお世話になったEdit。

1日1ページタイプの手帳は毎日かけなくて翌年離れてしまったのですが、「イタリア製PU貼」なる表紙の感じは大好き。色もピンク可愛いし!

MDノート

今調べていて初めて知ったのですが、ドット方眼のものもあるんですね!

そして、MDノートではないんですが、同じミドリから出ているノートでゴムバンド付きのノートを発見しました。これ、表紙にゴムバンドがひっかかるようになっており、机の上に写真フレームのように立てかけておけるんですよね。

ちょうど、マンスリーを常に意識するために卓上カレンダー欲しいな……でも予定を手帳とこっちとにも書き込むのはな……手帳を常に開いておくスタイルをとるかな〜。と考えていました。

 

ロイヒトトゥルム

ロイヒトトゥルムには普通の方眼ノート、と目次ページ・ページ番号などがふられたバレットジャーナル専用ノートがあります。

見た目は最高に好みなんだけど、た、高い……。

 

「今年の目標!」みたいな気合の入ったコレクションページを作るのにはいいかもしれないけれど、

普段のタスクを書くのに使うには、余りにも躊躇してしまいそう。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました