ラピッドロギングの現時点での不満点

手帳・ノート

前回、バレットジャーナルのラピッドロギングいいよー! という話をしました。

バレットジャーナルのラピッドロギングを始めて実感した3つの良い変化
こんにちは。 バレットジャーナルのデイリーページ部分で使われる「ラピッドロギング」。 初めて見た時は、 シンプルすぎて意味あるのかなぁ? こんな些細なことも書かなきゃいけないの? とすら感じたラピッドロギング。...

 

けれど、いくつか不満点、というか、使いこなせていない部分があるので今日はそれをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

先々の細かい予定が書けない!

そう、それは、先々の細かい予定が書けないこと!

例えば、2週間後に友達と会う約束が入ったとします。バレットジャーナル公式のやり方では、

・3/1にAさんと10時に新宿で会う

ということを書いているその日のデイリーログに書き、それで終わりです。

3/1にどのように動くかは、3/1の朝か前日の夜にタスクとして書き出して行動していくということだと思います。恐らく。

 

ですが、私の場合、この「3/1にAさんと10時に新宿で会う」というタスクが発生した段階で、

  • 10時に新宿ということは何時の電車に乗らなきゃいけないんだ?
  • そしたら何時に家を出なきゃいけないんだ?
  • そしたら何時に起きて…準備して…
  • 新宿まで出るならついでにここも寄って…

ということが頭を駆け巡ります。

ちなみに、「どこか旅行に行くならまだしも、新宿に行くのに家を出る時間とか起きて準備する時間とか書く必要ある?」と思われた方いるでしょうか。

もちろん理由はあります。

1つは、前回の記事でも書いた、「わかりきったことでも『何時に家を出る』とかを頭の中に抱えていると結構ストレス」ということにあります。

もう1つは、私の時間認識能力?が弱いからです。普通に考えて、もう何年も住んでいる街の最寄り駅まで何分とか、自分が朝の準備に何分かかるか、とかわかりそうなものですよね? 私はわからないんです。残念。なので、「(最低)何時までに起きる」「何時に準備を始める」「何時に家を出る」を明記する必要があります。

 

なので、出来たらこの予定が決まった時点で先ほどの

  • 10時に新宿ということは何時の電車に乗らなきゃいけないんだ?
  • そしたら何時に家を出なきゃいけないんだ?
  • そしたら何時に起きて…準備して…
  • 新宿まで出るならついでにここも寄って…

これらを決めて手帳に書いておきたいんですよね。

 

が、ここで困るのがラピッドロギングの書き方ルール。

基本的に、細かいタスクは当日のデイリーページにしか書けません。さぁ困った。

解決策としてトライした方法

そこで、いくつかの方法をトライしました。

先々の予定日ページを作る

いわゆるバレットジャーナルでいう「コレクションページ」的なものを作る方法です。

「3/1にAさんと10時に新宿で会う」という予定が入った段階で、「3/1おでかけページ」とでも作って、そこに、家を出る時間、電車の時間など書いてしまうんです。

が、この方法はしっくりこず断念。

理由は、小旅行ならまだしも、1日だけのちょっとした出かける用事でページを独立させたくないし、日付が前後してしまうのが気持ち悪い。

Googleカレンダーなどに入力

ちまちまぽちぽち入力するのが向いていなくて断念。

紙にさっと書きたい。

ウィークリーページを作ってしまう

一番これがしっくりくる。

今はせっせとブロックタイプのマンスリーとウィークリーを書いて使っています。

もうウィークリーの普通の手帳買ったら? と思い、2020年は市販のバーチカル手帳を買おうか悩みましたが、日曜始まりの手帳がない問題で断念し今年もせっせと書いています。

 

が、このウィークリーにも問題はあって、「先々のイレギュラーな予定」のみを記入していると、ほとんどがすっからかんなのです。

月1か2しか入らない予定のために、4,5見開きを犠牲にするのもな……と。

予定、実績、一言日記、習慣トラッカーなどを書いてもいいかなとも思いましたが、それらの項目は他で書くところが決まっているのでこっちに書くのは違和感で。

あとやっぱり枠を書くのが手間だなと感じることがあります。

諦めて月曜始まりの市販の手帳を買う……か……。

 

まとめ まだまだ試行錯誤中!

そんな感じで、バレットジャーナルのラピッドロギングの不満点というか私が使いこなせていないことについて書き連ねてみました。

まとめると、

日々の細かいタスクややるべきことを管理
には効果を発しているけど
少し先の予定を管理
にはまだまだ迷いが生じているということでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました